アニマルコミニュケーションとは

テレパシーを使って会話するアニマルコミニュケーションで、透視やチャネリングではありません。これは特別な人だけができるのではなく、もともと誰もが持っている能力で忘れてしまっているだけだと言われています。

 

動物は、イメージや、感情、いろいろな五感を使って伝えてきてくれますので、通訳するのには外国語を学ぶのと一緒で練習がたくさん必要です。

 

動物たちは普段からテレパシーをを使っているので、彼らに伝えることは比較的簡単ですよ。まず飼い主さんがおだやかな時間を作ります、呼吸を感じ心が整ったら、ネガティブな言葉を使わずにまた心をこめて丁寧にやさしく動物に話をする、ポジティブなイメージとともに送るとおそらくちゃんと理解し伝わっていると思います。是非試してみて下さいね。

 

受け取ったその言葉をどう解釈しているかその言葉に対してどういう行動を取るかはその動物の自由意思がありますので、それを尊重してあげることやお互いに歩み寄り絆を深めてください♪

 

私もまだまだ修行中ですが、そんな心の会話も大切にしながらお世話をさせていただいています。

 

わたしは、家ではよく大好きな グーダドラム の音を奏でながら、心穏やかな状態を作ったり、動物たちにヒーリングをしてその中でコミニュケーションをとります♪

 

昔と違って、今は、日本にもたくさんのアニマルコミニュケターさんがいて、アニマルコミニュケーションの方法をいろいろな地域で学べる時代になってきました♪

 

 

いつかアニマルコミニュケーションがお茶することぐらいあたりまえの生活習慣である、そんなハートフルな時代になることを心から願っています。