2011年からケアしてるくろ猫のサンタちゃんのご紹介♪

(2016年8月に天使になりました。)

   

2010年12月25日クリスマスの夜
発見されたのでサンタと命名されましたが女の子です♪
おそらく事故。道ばたで昏睡状態で保護されました。
回復後は、両後ろ足の麻痺が残りもう歩けないだろうと思われた黒ネコサンタ。

 

可能性にかけて2011年1月リハビリをスタート。
当初は、皮手袋が必要なほど、恐怖に身構えていたサンタ。しばらくの間は、カラーをつけてのリハビリでしたが体が楽になることで段々心も開放されてカラーを外せるようになりました。(写真は2012年のもの)
そんなサンタのリハビリ風景の記録です。

 2011年1月  思考錯誤でリハビリスタート

 

脊椎損傷のため圧迫排尿・排便が必要な状態。

立てず歩けず、後ろ足はびろーんと伸びたままです。

反射がかなりあった右側の足に回復の兆し。

少し動かせるようになってきました。

左肢麻痺しています。マッサージのケアを続け徐々に左後肢のナックリングも改善。

6か月を過ぎて停滞期。リハビリの壁というのでしょうか…思うように変化が見られなくなってしまいました。あきらめずにリンパマッサージや神経細胞を活性化させるタッチ、ツボ押しのマッサージは継続。 
2012年

マッサージをたっぷりした後に自力での排便を促せるようになりました。

そして自力排便が日常になりました♪

 

意気込みでいろいろなリハビリを取り入れて、早く次のステップのリハビリに進んでしまうより、時間がかかってもステップbyステップで徐々に続けていく方が後々ぐんと変化がみられるのだと感じました。

2013年

タッチケアの必要性を感じ、プレイズタッチを学び直しインストラクターの資格を取りました。リハビリにもタッチケアを取り入れます。

2014年

Tタッチの勉強会に参加させていただいてアドバイスをいただいたり、犬の整体の先生にもみて頂いてアドバイスを取り入れはじめました指摘された異常位置で凝り固まった肩甲骨周辺を緩ませること、ももの筋肉をつけること、硬直していたふくらはぎをゆるめてあげることを目標に少しづつ根気よくつづけました。

Tタッチやプレイズタッチはリハビリにとてもお勧めです

 

段々と起き上がりを少し助けてあげると自分の四本の肢で自立でき、軽く手を添える補助だけでほんの少しですが歩けるようになってきました♪
サンタがんばってくれています♪

 ←2月頃 

動画ここをクリック

6月に

なんとマッサージ中、自力排尿もました(^^)♪

サンタすごいよ!(まだ2回だけですが…)

 

11月

人のケアで佐藤式リンパケアの素晴らしさに出会い、動物にもぴったりの方法ではないかと思いそのエッセンス、耳やあご周りのケアをとり入れ始めました。

思いの外動きが快調なのです♪

力をいれずとも体や筋肉を緩ませてあげることができます。外国人と日本人の筋肉の作りが違うように、人と動物の筋肉も違います。優しいタッチだけでも、体が緩むことを日々実感しました。

解剖学をきちんと学んでいない人が動物に強いもみほぐしをするのは逆効果だけでなく、危険も伴います。みなさんもやさしくなでる方法でケアしてあげてくださいね♪

 

 11月の動画→ここをクリック♪

この動画はサンタが初めて前足を自力で持ち上げたところを運よく記録出来ました♪

いつも前足に不必要な力が入って前かがみ状態で綺麗な立位になっていなかったので、感動の瞬間でした♪

サンタやったね!♪

 

12月

バランスディスクに再挑戦♪春にはとても怖がってたディスクですがたまに乗ってくれる日もありました♪これで体幹もしっかり鍛えられるようになります♪と思いましたが、2回ほどで拒否されるように…(^^;) 

でも思い返すと今年の春はまだ骨と皮状態だった後ろ足のももの内側に筋肉が付いてきています♪無理に運動をさせなくてもマッサージのケアだけでも体の状態がよくなることで筋肉も自然とついてくるのですね♪ということを発見

 

12月13日♪ ご飯を食べる時に補助して立たせているのですが、しばらくするとペタンとなっていたのが、本日ご飯をほぼ食べ終わるまで自立していてびっくり♪サンタはほんとにすごいなあちゃんと、歩こうって思ってくれています♪

 

今年の1月からモニターとしてのみ始めたサプリのREBORNも、与え始めてもうすぐ1年。感想ですが私はこれもリハビリのケアに一役してくれてると実感しています。

このサプリメントをあげるようになってから、、数日空いたでもリハビリの戻りがなくなった気がします。快適な排尿排便にもよいみたいです♪友人が製造の工場にも訪問し、工程まできちんと調べて、安全に作られてる信頼できる材料のパパイヤ酵素のみを使ったサプリを動物たちのために販売してくれています。

 

2015年1月

家族であるうちの犬の闘病生活が始まりサンタのリハビリにかける時間がぐんと減ってしまってほんとに申し訳ない気持ちでいます。

 

2月 

歩いてる様子 →ここをクリック

昨年6月に続き、今年3月 2回ほどたっぷりめに自力排尿をしました!

サンタとともに喜びを味わいました♪すっきりしたね♪

排便排尿も、たっぷりとリハビリ時間が取れた時に起こります。

タッチをしての誘導排尿が刺激されうまくいくように願っています。

 

犬と違ってモチベーションを上げるのは難しく、サンタのリハビリに週2回ぐらいしか時間がとれないので進み具合はとてもゆっくりですが、あせらず時間がかかってもいつか好きな時に自分でおしっこがでるようにと、サンタとともにがんばって続けて行こうと改めて心に誓った瞬間です。

 

6月

今年に入ってから、ずっとサンタに十分なリハビリの時間がしばらくとれずにいましたがリンパケアとREBORNのおかげで現状維持している感じがします。

ただ1日2回の圧迫排尿がかなり腎臓に負担をかけているようでひどい血尿で治療しております。

徐々に排便誘導も難しくなってきています。今までもたまに便の掻きだしが必要でしたが、その間隔が短くなっている気がしています。

 

7月

今まであまりできなかったリハビリを週4回たっぷり時間をかけ再スタートしました。立位もメキメキとしっかりしてきました。

 

8月

先月からリハビリの回数を増やしたことや、今月から間質液を流す上半身ケアに下半身ケアも試行錯誤で追加しました。

股関節周りの状態が良くなってる気がしてます。

 

リハビリ中のマッサージで誘導排尿ができるようになりました。

サンタのここをさすると良い、ここをタッチすると良いかもポイントみつけました♪

 

11月

サンタがんばってます。自立してる時間は日増しに長くなりました♪後ろ足のしっかり具合が写真でもわかります。

苦手だったお座りから自力での立ち上がりを今強化している最中です。補助は必要ですが、かなり自分の力で持ち上げようとがんばっています♪腎臓の状態が悪くなっています。長いこと血尿は続いてるのが心配です。

 

2016年

1月

自力の立ち上がりが少しづつですが強化されてきました。力を入れずにほぐす人用の手技を教えていただいてサンタに取り入れてからどんどん柔軟性が増してきました♪

現在は一日置きの皮下補液が続いています。

時々ひどい血尿や便秘も起こすので心配ですが、腎不全がこれ以上ひどくならないよう祈るばかりです。

 

3月

今まで診察台の滑りにくいマットの上で練習していたのですが、最近は床のちょっと滑りやすい場所でも練習してみたら、そこでも少し踏ん張りがきくようになってきました♪

サンちゃんすごいでしょ!

 

 

6月 

一人で立ち上がることはまだ難しいのですが、姿勢を前方に軽くうながしてあげるだけでなんとか自力で立ち上がる姿勢をとれるようになってきました。内ももにも力が入るようになって歩き方もかなりしっかりしてきました♪

 

7月 点滴が必要なことが増えてきました…

 

最近は歩くリハビリというより、排尿排便を促すリハビリになっています。

キャロルガーニ先生より動物のためのボディバランシングを受講してとり入れ始めました♪するとちょと食欲もでて、おしっこもきれいになってきた気がします♪

ボディバランシングは、タッチとエネルギーワークを合わせたものです。

体のエネルギー循環がよくなりとてもリラックスします。

自然治癒力を促すヒーリングでもあります。

ケア中に幸せそうな顔をみるとオキシトシンがお互いにあふれます♪

 

8月 サンタがご飯を食べることができなくなりました。
どんどん痩せて、常時点滴、食道チューブからの給餌に切り替えなくてはなりませんでした。途中チューブ+自力でも食べれるようになったのもつかのま排便や排尿も滞り、またご飯が食べれず、チューブのご飯後も嘔吐…

 

でもまだ、頑張ってくれると思っていました…
病院のスタッフみんなにもいっぱい愛されているサンタ。

 

2016年8月31日の夜
天使になりました。

 

翌日の雲に現れた、大空高く羽ばたくサンタのエンジェル。

 

2人の触れ合いの時間は大切な宝物です。そしてサンタはリハビリの大先生でもありました。思考錯誤のリハビリ、時にはダメなこともしてしまったかもしれません…
それでもいつもサンタは変わらずにやさしいまなざしでわたしを受け入れ一緒にどんなときも頑張ってくれました。
 
本格的なリハビリでなくても、動物と家族にとって心が触れ合うそんなやさしい時間がとてもよいリハビリにもなるのだということを実感させてくれました。
強く揉みほぐす必要がないことを教えてくれたのもサンタでした♪

 

お別れの日、箱に入ったサンタを見送るために抱き上げて歩いた時、
箱が振動して揺れました。
いつものようにゴロゴロって言ってゴロンとしてくれたような気がしました…
サンタいままでありがとう。ずっとずっと大好きだよ。

アクセスカウンター